埼玉産業保健総合支援センター

お問い合わせ
メニュー
トップ >新着情報

新着情報

新着情報

2020.07.21

その他

労災疾病等医学研究普及サイト「アスベスト」「医療従事者の安全」のご案内


当機構では、労働災害の発生状況や行政のニーズを踏まえ、労災補償政策上、重要なテーマや新たな政策課題について、時宜に応じた研究に取り組んでおります。ぜひご参照ください。


労災疾病等医学研究普及サイト


〇アスベスト(平成21年~25年)について
アスベスト(石綿)関連疾患の労災請求件数は年間1,000件を超える水準で推移していますが、申請から労災認定までに時間がかかるものも少なくありません。


本研究では、労災保険給付の迅速・適正化を図るため、以下の研究に取り組んでいます。


研究報告はこちらをご覧ください。


〇医療従事者の安全(平成30年開始研究)について
抗がん剤は、がん細胞に対して効果を発現する一方で、正常な細胞にもその作用機序から少なからず影響をもたらすものが多くあります。抗がん剤の調製時などに発生する曝露によって、医療従事者が健康被害を受けるリスク(職業性曝露)については、日本国内外ともに多数の報告がなされています。近年、我が国でも抗がん剤の取扱いに関する各種ガイドラインが策定され、各医療機関において手順書が策定及び運用されているところですが、その妥当性の評価等についてはエビデンスがなく、十分になされているとは言えません。
そこで、医療従事者の職業性曝露ゼロを目指し、国内の多施設における抗がん剤調製の手順について、その工程ごとに飛散の発生する原因・メカニズムを究明するとともに、職業性曝露を発生させない手順を検討し、標準手順書として広く情報発信していくことを目的として、平成30年7月から本研究を開始しました。


本研究の詳細はこちらをご覧ください。

センターのご案内

ページのトップへ戻る